読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白そうな場所へ

なぜかマイナーな観光地に惹かれるのです

MENU

高速道路を歩く

歩くの~だいすき~ ♪ 普段見ない場所が見たいんだ

僕は前から高速道路に行ってみたかった。

と言うと語弊がある。

実際、高速道路はたまに運転するし、リムジンバスなんかでよく通るし、高速道路の下はしょっちゅう通るからだ。

正確に言うと、高速道路を歩いてみたかった。

たまたま、ネットでいろいろ調べていたら、高速道路を歩くイベントというのをみつけたので、行ってみることにした。

 

最寄り駅を降りると、"イベント会場はこちら"というプラカードを持った人がいて、その方向に歩いていく。

しかし、そのイベントは本当に僕たちが向かうイベントなのだろうか?という疑問がわく。

イベントとしか書かれていないし、そもそも高速道路を歩くというのが、イベントというほどのものなのだろうか。

イベントと言えば、ライブとかフェスティバルとか、そういうキラキラしたイメージしかない。

それに、高速道路にわざわざ電車で行くような人がそんなにたくさんいると思えない。

いや、高速道路に電車で行くなんて、何かが間違っている感じすらする。

そんなことを思いながら、多少の不安を抱えつつも、その案内に従って進んでいく。

結果的にそのプラカードはあっていた。

案外、老若男女幅広い層がいて、それなりに大きな"イベント"だったのだ。

あるいは、この地域でイベントなんてものはこれくらいしかなかったのかもしれない。

それはともかく、このイベントには、単にウォーキングのイベントに参加したというような人から、いかにも土木マニアな人まで多種多様な人たちが参加していた。

 

f:id:evian1:20170122190113j:plain

今回、歩いた高速道路は、阪神高速大和川線の三宝~鉄砲という区間

1/28日に開通の予定で、その直前のウォーキングイベントというわけだ。

実際、人生初の高速道路を歩くという体験はとても楽しかった。

ふだん普通に車で通ると何とも思わないのだけど、歩くってだけでだいぶ違ったふうに見える。

 

 

 

f:id:evian1:20170122185132j:plain

しばらく歩いていると、電光掲示板に遊びごころのあるメッセージが表示されているのをみつけた。

こういうのをみると、やはり関西人という人種は、常につっこまれたいという願望があるのだとしか思えない。

それと同時に、やっぱりみんなそうなんだという安心感も覚える。

 

 

f:id:evian1:20170122185836j:plain

今回の公開区間はほとんどがトンネルで、結構な区間がライトアップされていた。

僕はライトアップとかイルミネーションとかが実は大好きなのだけど、こういうのってなにか女の子と行くものみたいな雰囲気がある。

あるいはそうであると僕が勝手に思い込んでいる。

だからこんなふうに不可抗力的に、または突発的にイルミネーションに出くわすというのは大変、うれしいのだ。

 

 

 

f:id:evian1:20170122190411j:plain

それにしても、この"鉄砲"という地名は地名として失格なのではないか。

あまりにも地名以外の連想をしてしまいすぎる。

もうちょっと地名らしい地名にしてくれない?と思うのだけど、そういう地名なんだから仕方ないですよね。

 

 

f:id:evian1:20170122190604j:plain

 

高速道路ウォーキングのコース3キロはあっという間だった。

高速道路は身近にあるのだけど、そこを歩くというだけで、非日常空間に変化する。

その体験はとても貴重だったと思う。

高速道路を走り飽きたという方は、是非、歩いてみるというのもいかがでしょうか。