面白そうな場所へ

なぜかマイナーな観光地に惹かれるのです

MENU

高速道路を歩く

高速道路に行ってきた。

ふつう、高速道路を通るってことはあるのかもしれないけれど、

高速道路に行くっていうことはあまりない。

たまたまネットで高速道路を歩くイベントというのをみつけて、

面白そうだったので、行ってみることにした。

 

最寄り駅を降りると、『イベント会場はこちら』というプラカードを持った人がいた。

そこで、僕はふと不思議に感じた。

高速道路を歩くイベントなんて行く奴はそんなに多くないはずだ。

それに高速道路にわざわざ電車で行くような人がそんなにたくさんいると思えない。

そもそも、高速道路に電車で行くなんて、何かが間違っている。

それに、イベントといえば、ライブとか、フェスティバルとか、そういうキラキラしたものを言うと聞いたことがある。

そんなことを考えながら、多少の不安を抱えつつも、方向が同じなので、プラカードの指す方向へと進んでいく。

すると驚くことに、たくさんの人だかりが高速道路に吸い込まれていく場所に行きついた。

予想に反して、現場は大盛況。

マイナースポット愛好家としては、不本意な始まりとなってしまった。

 

 

f:id:evian1:20170122190113j:plain

老若男女から土木マニアな人まで多種多様な方たちが高速道路を堪能されている。

高速道路の人気を過小評価してしまっていた。

恐るべし高速道路。

 

 

 

f:id:evian1:20170122190411j:plain

場所は、阪神高速大和川線の三宝~鉄砲という区間なのだけれど、

この"鉄砲"という地名は地名として失格なのではないかと思う。

だけど、人の名前と一緒で、そういう地名なんだから仕方ないですよね。

でも、車を運転していて、「今から鉄砲を発車しますね!」とか言っちゃうと危ない。

 

 

f:id:evian1:20170122185132j:plain

しばらく歩いていると、電光掲示板に特別のメッセージが表示されているのをみつけた。

こういうのをみると、やはり関西人という人種は、常につっこまれたいという願望があるとしか思えない。

 

 

f:id:evian1:20170122185836j:plain

今回の公開区間はほとんどがトンネルで、かなりの区間がライトアップされていた。

僕はライトアップとかイルミネーションとかが大好きなのだけど、こういうのって女の子と行くものみたいな雰囲気があると思い込んでいる。

あるいは実際そうなのかもしれない。

だからこんなふうに、不可抗力的に、あるいは突発的にイルミネーションに出くわすというのが一番ありがたいのです。

 

 

 

f:id:evian1:20170122190604j:plain

 

ウォーキングのコース3キロはあっという間に終わってしまった。

高速道路は身近にあるのだけど、なかなか歩くってことはできない。

そもそも歩きたいって人がそんなにいないと思うけれど。

とはいうものの、歩いてしまったら何かの法律で罰せられそうなので、欲望が爆発する前に、ぜひこういうイベントに参加しておくといいですよ。